ニュース

大阪で有田みかんの早生品種をPR
  • 2017-11-09(木) 14:40
「有田みかん」の早生品種の出荷が今日から始まり、JAありだの関係者らが大阪市の中央卸売市場でPR活動を行いました。
大阪市福島区の大阪市中央卸売市場には今日から出荷が始まった有田みかんの早生品種をPRしようとJAありだや県、湯浅町の関係者が訪れました。セレモニーでは、JAありだ共選協議会の三ツ橋信二会長や、湯浅町の上山章善町長が「今年も自信を持って提供できるみかんが用意できた」とPRしました。セレモニーには「有田みかん大使」の4人も出席し、試食用の「早生みかん」を市場関係者などに配って有田みかんをPRしました。
このあと競りが行われ、初出荷となった「有田みかん」は、次々と競り落とされていきました。JA和歌山県農では、今シーズンは、早生みかんで1万7400トン、普通みかんで1万1800トンの出荷を見込んでいます。糖度については例年並みかそれ以上で、今年も上質のみかんが提供できそうだということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る