ニュース

競泳 カナダ・日本 報道公開練習
  • 2017-11-08(水) 15:47
11月14日と15日に東京で行われる水泳のワールドカップ出場のため、和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で事前合宿をしている、競泳のカナダと日本のナショナルチームの練習の様子が8日、報道陣に公開されました。
事前合宿を行っているのは、競泳のカナダナショナルチーム「スイミング・カナダ」の選手やコーチら6人と、競泳日本ナショナルチームの選手やコーチら25人です。
「スイミング・カナダ」の和歌山市での事前合宿は今回が初めてで、来年、東京で行われるパンパシフィック水泳選手権や3年後の東京オリンピック・パラリンックの事前合宿も和歌山市で行う事を決めていて、男女3人の選手が午前中の練習の様子を公開しました。
一方、競泳日本ナショナルチームは、7月の世界選手権で監督を務めた平井伯昌コーチの指導のもと、女子200m個人メドレーで銀メダルを獲得した大橋悠依選手ら15人の選手が厳しい練習に取り組んでいました。
カナダと日本のナショナルチームの練習は、一般にも公開されていて、カナダが10日、日本が9日のそれぞれ午後4時から和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で練習を見る事ができます。スイミング・カナダのマッケンジー・ダラー選手は「秋葉山プールは水温が丁度良く、非常に泳ぎやすい。ワールドカップでは自己ベストの更新と決勝進出を目標に頑張りたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る