ニュース

しら・はぐフェスティバル
  • 2017-10-21(土) 19:26
文化と福祉の祭典、「しら・はぐフェスティバル」が今日から白浜町で始まり、大勢の人達で賑わっています。
メイン会場となった白浜町の白浜会館では今日、開会式が行われ、白浜町社会福祉協議会の石田武夫会長が「この催しが地域の人達のふれあいと交流の場となること期待したい」と、また、白浜町の井澗誠町長は「次の世代に引き継がれる魅力ある催しになることを願いたい」と挨拶しました。
この催しは、生涯学習活動などを通し、地域住民の交流と文化と福祉のまちづくりを目的に白浜町中央公民館らでつくる「しら・はぐフェスティバル実行委員会」が去年に続き開きました。
会場には公民館でサークル活動を行っている人達の日本画やパッチワークなどの作品をはじめ、町内の保育所から中学校までの子ども達が描いた絵画、それに福祉施設の人達が制作した作品が展示されています。明日は、フラやコーラス紀州雑賀鉄砲隊、獅子舞などが繰り広げられる予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る