ニュース

「暮らしのなんでも相談所」
  • 2017-10-20(金) 15:55
登記や年金、税金など様々な暮らしに関する相談を受ける「暮らしのなんでも相談所」が、今日、和歌山市で開かれました。
今日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開かれた「暮らしのなんでも相談所」には、国や県、和歌山市のほか、弁護士や税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など、15の参加機関のブースが設けられました。
開所式では主催者を代表して総務省和歌山行政監視行政相談センターの渡瀬徹所長が「相談者には解決への道筋や糸口を示して頂き、相談に来て良かったと思って頂けるよう、協力をお願いします」と相談担当者に呼びかけました。
この「暮らしのなんでも相談所」は、国の行政相談制度に対する理解と認識を深め利用を促進しようと、総務省が定める今月16日から22日までの「行政相談週間」に合わせて開かれたものです。
相談ブースでは、相談者から寄せられた資料を確認し、メモを取るなどしながら、専門家がアドバイスをしていました。
この「暮らしのなんでも相談所」、今月26日には、田辺市民総合センターで、来月1日には、那智勝浦町役場で開かれます。相談は無料で予約は不要です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る