ニュース

投資詐欺に注意を呼びかけ
  • 2017-10-19(木) 14:26
高齢者を狙った特殊詐欺事件が相次ぐ中、株や社債への架空の投資話を持ちかける投資詐欺に注意を呼びかけようと、今日、和歌山市で啓発活動が行われました。
この啓発活動は、証券会社や金融機関などでつくる「日本証券業協会」が、全国の主要都市で行っていて、今日、JR和歌山駅前では、和歌山市内に店舗を置く証券会社や県警からおよそ40人が出て、注意喚起のチラシを配りながら通行人に注意を呼びかけました。
日本証券業協会によりますと、未公開株や社債などの購入を斡旋する手口の詐欺「金融商品等取引名目詐欺」は、去年1年間で全国で346件認知されていて、被害額は24億円余りにのぼります。
そして、被害者のうち60歳以上がおよそ95パーセントを占めています。
協会では、被害防止コールセンターを設置していて、不審に思うようなことがあればすぐに警察やコールセンターに相談するよう呼びかけています。
※コールセンターフリーダイヤル0120-344-999

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る