ニュース

和歌山電鐵貴志川線で人身事故
  • 2017-10-12(木) 11:29
12日早朝、和歌山市の和歌山電鐵貴志川線の踏切で、女性が列車にはねられて死亡しました。和歌山東警察署では女性が自殺を図った可能性が高いと見て調べています。
警察の調べによりますと、12日午前6時すぎ、和歌山市西の和歌山電鐵貴志川線交通センター前駅と岡崎前駅の間にある「竈山第8踏切」で、踏切内に入った女性が和歌山発貴志行きの普通列車にはねられました。女性は間もなく病院に運ばれましたが、身体を強く打っていて、およそ1時間後に死亡が確認されました。列車には運転士のほか乗客3人が乗っていましたが、けが人などはありませんでした。
死亡したのは和歌山市内に住む44歳の女性で、列車の運転士は、「女性が列車に向かって体を正面にして立っていた」と話しているということで、警察では女性が自殺を図った可能性が高いと見て調べています。
また、列車はおよそ1時間後に運転を再開しましたが、この事故で貴志川線は上下2本の列車が部分運休となるなど、およそ850人に影響が出ました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る