ニュース

暴力団会長暴行死事件 判決
  • 2017-10-11(水) 18:20
去年10月、和歌山市の繁華街で、神戸山口組傘下組織の暴力団会長の男性に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた山口組系の暴力団の男4人に対する裁判員裁判が11日開かれ、和歌山地方裁判所は4人に懲役8年6ヶ月から7年の実刑判決を言い渡しました。
判決を受けたのは、山口組系の暴力団組員鈴木充被告55歳と高正憲被告51歳、杉原聡志被告54歳、竹原光徳被告41歳の4人です。
判決によりますと鈴木被告ら4人は共謀の上、去年10月9日深夜、和歌山市の繁華街で神戸山口組系の暴力団会長の男性に暴行を加えて死亡させたものです。
11日の判決で和歌山地方裁判所の武田正裁判長は、「執拗な挑発など被害者側にも一定の落ち度があるとはいえ、繁華街での犯行で、地域社会に与えた影響も大きい」として、杉原被告に懲役8年6ヶ月、鈴木被告と竹原被告に懲役8年、高被告に懲役7年の懲役を実刑判決を言い渡しました。この事件では、判決を受けた4人と同じ組の組員4人が別に逮捕、起訴されていて、その4人に対する公判は10月25日に始まります。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る