ニュース

期日前投票始まる
  • 2017-10-11(水) 18:18
10日公示された衆議院総選挙の期日前投票が、11日から県内58箇所で始まりました。急な選挙とあって、和歌山市では、投票所の入場券が有権者全体に行き渡っていないこともあってか、出足が鈍いということです。
期日前投票所のひとつ、和歌山市西汀丁の和歌山商工会議所では午前8時30分から投票が始まりました。
期日前投票は、仕事や学業などで投票日に投票できない人が事前に投票する制度で、訪れた有権者は選挙区と比例区、それに、最高裁判所裁判官国民審査の投票箱に、それぞれ一票を投じていました。
市の選挙管理委員会によりますと、11日午後5時現在、市内6箇所の投票所の入場者はあわせて323人で、これまでの選挙に比べ、出足が鈍いということです。市は投票所の入場券を今月7日から発送していますが、最も遅いところでは13日に到着するということで、市選挙管理委員会は、「入場券がなくても免許証など身分を証明するものがあれば投票できます。都合の良い時に投票して下さい」と呼びかけています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る