ニュース

ライオンの赤ちゃん公開
  • 2017-10-09(月) 14:42
白浜町のアドベンチャーワールドで先月27日に誕生した三つ子のライオンの赤ちゃんの一般公開が始まり、観光客の人気を集めています。
ライオンの赤ちゃんは、園内で3年前に誕生した母親と14年前に誕生した父親との間に産まれたオス3頭です。
3頭の赤ちゃんライオンはジャイアントパンダが展示されているブリーディングセンター近くのワイルドアニマルメディカルセンターで、保育器に入れられ一般に公開されています。
3頭は誕生後、母親が育てていたものの初めての出産で充分に母乳が与えられないこともあって、人工保育に切り替え飼育スタッフが一日4回から5回、およそ100CCのミルクを与えるなどして愛情を込めて育てています。
体重はそれぞれ誕生した時の2倍にあたるおよそ3キロ、体長も45センチと順調に育っています。
訪れた観光客らは、ミルクを飲んだりヨチヨチ歩いたりする愛くるしい姿をカメラに収めるなどしていました。
アドベンチャーワールドでは3頭の赤ちゃんライオンの、保育器での公開に加え、今月12日から11月5日までの期間、園内のセンタードームで、午後2時から「赤ちゃん抱っこ」と「記念撮影」を行うことにしていますが、赤ちゃん抱っこはインターネットでの予約が必要です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る