ニュース

白浜町 子ども絵画展
  • 2017-10-07(土) 16:52
白浜町で小・中学校の児童、生徒が描いた「子ども絵画展」が7日開かれ、大勢の家族連れらで賑わいました。
白浜会館で開かれた作品展は子ども達の健全育成と、絵を通して家族の在り方を見つめ直してもらおうと白浜町青少年育成委員会が毎年開いています。30回目となる今年は「子どもたちの小さな喜び、自然への優しさ」などをテーマに町内の小・中学校合わせて14校の児童、生徒の作品918点が展示されました。
作品は夏休みでの体験を描いたものが中心で友達や家族で楽しむ花火大会の風景、家族でバーベキュー、それに魚釣りなど、何気ない日常の風景の中に家族の深い絆が見事に表現されています。また今回は、第30回の記念開催とあってこれまでの最優秀作品も特別展示されました。会場を訪れた人達は子どもたちの目を通して描かれた作品から家族との在り方、絆について考えている様子でした。
この「子ども絵画展」は白浜町の白浜会館で8日も開かれるほか、展示作品の内最優秀と優秀の24点は、10月12日から12月8日まで巡回展として「紀陽銀行白浜支店」や「白浜はまゆう病院」日置川拠点公民館」の3ケ所で展示されることになっています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る