ニュース

わかやま商工まつり
  • 2017-10-07(土) 16:17
地域の商工業の振興を図ろうという毎年恒例の催し「わかやま商工まつり」が、和歌山市で始まりました。会場となった和歌山市の和歌山ビッグホエールでは、開会式が行われ、まつりの実行委員長で和歌山商工会議所の片山博臣会頭が、「このイベントが、地域活力の高揚の一助となることを願います」と挨拶しました。このあと片山会頭や来賓の仁坂知事らがテープカットをして、催しが始まりました。69回目を迎えた今年の「わかやま商工まつり」では、県内の企業や団体が、機械金属や繊維、木材など、地場産業の優れた技術を活かした製品や特産品などを展示、販売し、新しい商品やサービスを紹介するブースを設けました。また、子どもたちを対象にした輪投げや射的などの縁日コーナーや理科の実験コーナー、紀州材のイスなどを作る木工体験コーナーも展開されました。このほか、会場に設けられたステージでは、キャラクターショーやミニライブなども行われています。「わかやま商工まつり」は、8日も午前10時から午後4時まで、和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで開かれます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る