ニュース

寄付講義「土地・家屋の調査」表彰
  • 2017-10-06(金) 16:34
和歌山県土地家屋調査士会が、和歌山大学で4月から7月にかけて行った寄付特別講義の成績優秀者の表彰式がこのほど、和歌山大学で行われました。
表彰式では、和歌山大学の藤永博経済学部長が「学生たちは教室では学べないいろんな体験ができたと思います」と挨拶しました。
このあと、経済学部3年生の有本剛さんと観光学部3年生の萬野晴奈さん、それに、経済学部3年生の萩原佳奈さんが表彰されました。
寄付特別講義「国家基盤づくりに係る土地・家屋の調査」は、調査士とその業務への理解を深めてもらうとともに、社会で役立つ知識を得てもらおうと、県土地家屋調査士会が2年前から行っています。
今年度は4月から7月まで15回講義して、100人の学生が土地の登記や不動産に関する法律などを学びました。
県土地家屋調査士会の仲谷雅弘広報部長は「学んだ事を生かしてこれからの学生生活を有意義なものにして頂きたい」と成績優秀者を激励しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る