ニュース

盆の入りで墓参り
  • 2017-08-13(日) 14:51
盆の入りの今日、和歌山市の共同墓地には、朝から大勢の人たちが墓参りに訪れ、花を供えて手を合わせ、先祖の霊を慰めていました。
和歌山市今福の今福霊園は、大正7年に、今福共同墓地として開設されました。
今日は朝早くから、花や線香を持った人が霊園を訪れ、汗だくになりながら墓の周りの雑草を取ったり、墓石を磨くなど掃除をした後、花を供え、線香を焚き、静かに手を合わせて、亡くなった人たちの霊を慰めていました。
今日の和歌山市は午前11時には気温が30度を超え、真夏日となりました。
霊園の管理事務所では、使用者から日中の厳しい暑さを避けてお参りしたいとの要望を受け、今月20日まで、車が出入りできるよう、2か所の門を24時間開けています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る