ニュース

和歌の浦 体験セーリング
  • 2017-08-11(金) 18:15
海の素晴らしさを親子揃って感じてもらおうと、クルーザーヨットの体験セーリングが、11日から和歌山市の和歌浦湾で始まりました。
このイベントは、7月の「海の日」の前後2ヶ月間に日本財団が全国各地で様々な体験イベントを開く「海と日本プロジェクト」の一環として、日本セーリング連盟に加盟する県セーリング連盟が行っています。
11日午前の体験会には、5歳から小学生までの児童とその保護者、合わせて28人が、和歌山マリーナシティでクルーザーヨットに乗りこんで出航し、自分たちの住んでいる和歌山を海から眺めました。
和歌浦湾は夏空が広がり、波も穏やかな絶好のセーリング日和の中、参加者らはヨットの船首で記念撮影をするなど、およそ1時間半のセーリング体験を楽しんでいました。
和歌山市の小学4年生、井口敦登くんは「海から見える景色は絶景でとても気持ち良かった」と感激した様子で話していました。体験会は13日まで行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る