ニュース

座礁船救出で感謝状
  • 2017-08-09(水) 21:50
先月、有田市の海上で、岩礁に乗り上げた漁船から、男性1人を救助した地元の漁師3人に、海南海上保安署から感謝状が贈られました。
感謝状の贈呈式は、海南海上保安署で行われ、いずれも有田市在住の漁師で有田箕島漁業協同組合に所属する、太田善規さん55歳、橋中秀幸さん46歳、古川泰正さん52歳の3人に、佐藤友保署長から感謝状が贈られました。
海南海上保安署によりますと、先月26日午前11時半頃、箕島漁港から南へおよそ1.5キロ離れた沖合いの岩礁で、76歳の男性船長が操縦する漁船が座礁したもので、男性船長は漁協の同僚の太田さんに救助を要請しました。連絡を受けた太田さんは、橋中さんと古川さんとともに漁船2隻で救助に向かい、現場で船長を救出するとともに座礁した漁船を箕島漁港まで曳航しました。
太田さんは当時を振り返りながら、「船長は若い頃から世話になっている漁師仲間。無事でよかった」と笑顔で話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る