ニュース

紀州よさこい祭り
  • 2017-08-06(日) 18:31
和歌山市の夏の恒例イベント「おどるんや~紀州よさこい祭り~」が今年も開かれ、和歌山城周辺は多くの人で賑わいました。
紀州よさこい祭りは、和歌山を元気にしようとNPO法人「紀州お祭りプロジェクト」が毎年この時期に開いているよさこい踊りのイベントです。先月30日と昨日、今日の3日間和歌山市内で開催され、最終日となった今日、和歌山城の砂の丸広場では踊り子たちがステージでパワフルな舞を披露し、会場を盛り上げたほか、西の丸広場では、特設ステージのほか、多くの屋台やテントが並びました。
このうち、和歌山市のIBW美容専門学校のテントでは、今年も、生徒たちがボランティアでフェイスペインティングを行っていて、子どもたちの人気を集めていました。子どもたちは、顔や腕などに踊り子風のメイクや、ワンポイントペイントをしてもらい、踊り子たちとともに祭りの雰囲気の盛り上げに一役買っていました。
今年の「おどるんや」には3日間で県内外から、75のよさこいチームが参加し、和歌山市は、踊り子たちの熱気に包まれていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る