ニュース

わかやま南北アメリカ協会設立
  • 2017-07-16(日) 18:33
和歌山県と北アメリカ及び南アメリカの県人会の交流を深めることを目的に16日、「わかやま南北アメリカ協会」が設立されました。和歌山市の和歌山ビッグ愛で開かれた設立総会には、岸本周平衆議院議員と門博文衆議院議員、それに県議会議員や和歌山市の尾花正啓市長も出席しました。席上、わかやま南北アメリカ協会の迫間脩会長が「人と文化と経済の交流を目的に現地の県人会を窓口に交流をはかっていきたい」と挨拶しました。この後、和歌山県国際交流協会の樫畑直尚理事長が、日本の移民の歴史や和歌山県の移民の状況について講演し、「移民した人は地域と家族の生活を支えるためにやむを得ず移民をしたということを忘れないでください」と話しました。今年は、和歌山県からブラジルへの移民が始まって100年となります。10月にはブラジルのサンパウロ州議会で記念式典が行われることになっていて、わかやま南北アメリカ協会は記念式典の参加者を募っています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る