ニュース

白良浜海水浴場で海開き
  • 2017-07-15(土) 16:20
夏休みを前に白浜町の白良浜海水浴場で今日、海開きが行われ、大勢の海水浴客で賑わいました。
白浜町の白良浜海水浴場は、これまで本州で最も早いゴールデンウイークの5月3日に海開きを行ってきましたが、海水浴客の安全を確保するライフセーバーの確保が難しいなどとして今年から7月に変更しました。白砂が広がる砂浜では神事に続いてライフセーバーらがレスキューボードを使って溺れた人を救助する実演が披露されました。
太陽の光が降り注ぐ晴天に恵まれた海水浴場には3連休の初日とあって関西を中心に大勢の家族連れや若者グループが訪れ、水しぶきをあげて泳ぎを楽しむなど休日の一日を満喫していました。
白浜観光協会、祭典実行委員会の片田和雄委員長は「こらから夏本番を迎え白良浜海水浴場を舞台にした白浜花火大会や熊野水軍埋蔵金探しなど多くの催しを企画している。例年並みの60万人の人出に期待したい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る