ニュース

在バンクーバー日本国総領事が来県
  • 2017-07-12(水) 18:28
カナダのバンクーバーから一時帰国している岡井朝子在バンクーバー日本国総領事が昨日から県内を訪れ、県民と交流を深めました。
岡井総領事は昨日、バンクーバー市に隣接するリッチモンド市と姉妹都市関係にある和歌山市の尾花正啓市長を表敬訪問しました。今回の岡井総領事の来県は、一時帰国中の大使や総領事らが地方を訪問して、国際交流を進めようという外務省の地方連携の取り組みの一つです。去年10月、尾花市長がリッチモンド市を訪問し、覚書を交わしてからこれまでに和歌山市とカナダ側との経済交流が活発になっていて、岡井総領事はこれを支援していく意思を示しました。
この後、市内のホテルでは岡井総領事の講演会が開かれ、県や市の関係者のほか、貿易に関心のある業者らおよそ100人が集まりました。講演の中で岡井総領事は、バンクーバーでは移民の歴史を通しての和歌山の知名度や、日本食、日本文化への関心の高さなどから、和歌山産品の海外販路拡大における潜在力は大きいことを説明しました。
また、今日は和歌山信愛高校で2年生の生徒を前に講演を行いました。女性外交官として世界を舞台に活躍する岡井総領事が、自分たちと同じ高校2年生の時に外交官を志したという話に、生徒たちも自分の未来に思いを馳せながら聞き入っている様子でした。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る