ニュース

紀伊風土記の丘でおしゃべり考古学
  • 2017-05-19(金) 16:01
考古学に気軽に親しんでもらおうと和歌山市の県立紀伊風土記の丘で今日、OB職員が入門講座「おしゃべり考古学」を開きました。
県立紀伊風土記の丘では、より多くの人たちに考古学の面白さを紹介しようと、平成25年からOB職員らが入門講座やガイドツアーを行っています。
元学芸課長の冨加見泰彦さんは5年前から考古学の入門講座、「おしゃべり考古学」を開いています。
今日は、「塩にまつわる話と和歌山県の土器製塩」をテーマに自身の発掘経験を交えながら集まった考古学愛好家に考古学の楽しさを話しました。
この中で冨加見さんは、「考古学は人間の生き様です。発見された物から当時の人々の生き様を窺い知ることができます」と講座の参加者に考古学の楽しさを説明しました。
冨加見さんの「おしゃべり考古学」は今日の講座を含め、今年度は2か月に1回、6回シリーズで開かれる予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る