ニュース

花田県議 相続税法違反で有罪判決
  • 2017-05-19(金) 15:19
遺産の寄付を装った相続税4億9000万円の脱税事件に関与したとして、相続税法違反の罪に問われた県議会議員の花田健吉被告(58)に対し、大阪地方裁判所は今日、懲役1年6ヵ月、執行猶予3年、罰金500万円の有罪判決を言い渡しました。花田被告は、知人の男性が兄から相続した遺産のうち、およそ8億5000万円について、一連の事件で既に有罪判決を受けている7人と共謀して、日高川町の社会福祉法人「敬愛会」に寄付するという旨の兄名義の虚偽の遺言書を作製し税務署に提出するなど4億9000万円の脱税に関与したとして相続税法違反の罪に問われました。裁判では、共謀の有無が争点になり、検察側は「県議の立場を利用して事件に積極的に関与した」「共犯者から報酬ももらっている」と主張していました。これに対し弁護側は、「遺言が偽造だとは知らなかった、脱税に関与するつもりはなかった」と無罪を主張してきました。今日の判決公判で大阪地方裁判所の村越一浩裁判長は、花田被告が偽造された遺言書の存在について知らなかった可能性を認めつつも、寄付先の紹介や面会などを通じて積極的に事件に関わったものと認めざるを得ないとして、懲役1年6ヵ月、執行猶予3年、罰金500万円の有罪判決を言い渡しました。判決を受け、花田被告は大阪市内で会見を開き改めて無罪を主張し、また、大阪高等裁判所へ控訴の申立てを行ったことを明らかにしました。改めて共謀の意思はなかったと繰り返した花田被告は、「無実を信じてくれている家族や後援会、支援者のためにも真実が明らかとなるよう控訴審を戦いたい」と話しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る