ニュース

東くめ生誕140周年記念朗読劇
  • 2017-05-18(木) 13:44
新宮市で、童謡「鳩ぽっぽ」や「お正月」を作詞した東くめさんの生誕140周年を記念した朗読劇が上演されました。
東くめさんは、明治10年に新宮市で生まれ、東京音楽学校でピアノなどを学び、滝廉太郎と共に日本で初めての口語歌詞の童謡「幼稚園唱歌」を発表しました。
新宮市徐福の蓬莱体育館で上演された朗読劇は、多くの市民に新宮市のことを知ってもらおうと新宮市民ミュージカル実行委員会が企画上演しました。およそ50分の劇では、朗読と語りによって物語が進められ、東くめさんが作詞したたくさんの歌が歌われ、会場は心地よい響きに満ちていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る