ニュース

舞妓さんが「たま神社」を訪問
  • 2017-05-16(火) 18:43
京都の舞妓さんが今日、紀の川市の和歌山電鐵貴志川線の貴志駅にある「たま神社」を訪れ、明日から和歌山市で開催される京都の伝統の味や工芸品などの展示販売会「大京都展」の成功を祈願しました。
今日、紀の川市の和歌山電鐵の貴志駅を訪れたのは京都、宮川町の舞妓、ふく珠さんら5人です。
ふく珠さんは貴志駅にある「たま神社」で三毛猫のたま2世駅長「ニタマ」が見守る中、明日から和歌山市の近鉄百貨店和歌山店で行われる京都の伝統の味や工芸品などを展示販売する「大京都展」の「大入」を祈願しました。参拝を終えたふく珠さんは「京都の伝統ある文化をお見せしたいので、幅広い皆さんにお越しいただきたい」と笑顔を見せていました。
今回の「大京都展」は近鉄百貨店和歌山店の新店開店30周年を記念して行われるもので、今月23日までの7日間、食品と工芸あわせて61社が販売コーナーを設けるほか、明日とあさって、20日、21日のあわせて4日間は、一日3回、舞妓さんによる舞が披露されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る