ニュース

ロハスフェア
  • 2017-05-16(火) 18:32
健康や環境問題などについて考え、持続可能な社会生活を心がけようというライフスタイル「ロハス」をテーマにしたイベントが今日、和歌山市で開かれました。
この「ロハスフェア」は、和歌山市のホテルアバローム紀の国が市民に健康や環境について考える機会を持ってもらおうと毎年、春と秋の年2回開いているものです。ホテルの玄関前では、コロッケやたこ焼き、地元野菜の販売コーナーのほか、ホテルのチャペルの館長犬、ゴールデン・レトリバーの「グウィネス」とのふれあいコーナーが設けられました。
また、ホテルの1階エントランスでは、シュークリームやクレープといったスイーツや、ホテルのイタリアンシェフが作る本格ナポリピッツァが登場するなど、ホテルグルメが人気を集めました。
このほか、雑貨やアクセサリーなど、こだわりのハンドメイド作品や県内の公立高校や特別支援学校の生徒が作った農作物や小物などを販売するおよそ80のブースが多くの人で賑わいました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る