ニュース

「D51」が有田川鉄道公園に
  • 2017-04-18(火) 19:36
「デゴイチ」の愛称で親しまれる蒸気機関車が今日、整備や試験走行のため有田川町の有田川鉄道公園に、運び込まれました。
有田川町の有田川鉄道公園では今日、午前8時頃から搬入作業が行われ鉄道ファンらが見守りました。有田川町によりますとこの車両は、昭和18年に国鉄の前身にあたる鉄道省浜松工場で製造され、昭和21年から48年までの27年にわたり稼動していたもので、40年以上のときを越えて復活を目指し、今回、鉄道公園に移送されました。車両を所有するのは鉄道車両など重量物の運搬などを手がける大阪市のアチハ株式会社で、7月末までに走行が出来るよう整備したいとしています。
また、車両は石炭や火を使用しない「圧縮空気」を使った走行が出来るよう改良する予定で、全国各地のテーマパークや自治体への貸し出しなどについても検討しています。復活後も貸し出し時以外は有田川鉄道公園で保管される予定で、施設内の線路を使った乗車体験や運転体験コーナーも計画中だということです。
有田川町の商工振興課では鉄道ファンだけでなく家族連れにも楽しんでもらえるのではないかと話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る