ニュース

丼まつりに向け試食会
  • 2017-04-15(土) 17:01
和歌山市の和歌浦漁港にある魚介類や水産加工物を販売する施設で、今年もゴールデンウイークに合わせ、地元で獲れた海産物などを使った丼を楽しむ「丼まつり」が開かれることになり、今日、新しいメニューの試食会が行われました。
和歌山市新和歌浦の和歌浦漁港にある魚介類や水産加工物などを販売する「おっとっと広場」では、毎年、ゴールデンウイークに合わせ、地元で獲れた海産物などを使った丼を楽しむ催し「丼まつり」を開いています。今年も「丼まつり」が開かれることになり、今日、新しいメニューの試食会が行われました。
丼まつりでは、和歌浦湾特産のシラス「わかしらす」を使った「紀州丼」をはじめ、たっぷりの天ぷらの「海鮮はみだし天丼」、ほたてラーメンなど、およそ20種類の丼やごはん、ラーメンが販売されます。価格は1杯500円から700円を中心に、2000円までとなっています。
丼まつりは、今月29日と30日、来月3日から7日までの7日間、午前10時から午後2時まで開催されます。なお、期間中は、エアートランポリンが設置されるほか、来月3日には、子ども向けの科学実験の体験教室も行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る