ニュース

幼稚園児がお茶のおもてなし
  • 2017-03-18(土) 12:28
田辺市の幼稚園でお茶会が行われ、卒園を控えた年長の園児たちが保護者に自分で立てたお茶を振舞い感謝の気持ちを伝えました。
田辺市の立正幼稚園では日本の伝統文化に触れる事で園児たちに礼儀や感謝の気持ちを身につけてもらおうと、茶道体験を行っています。
園児たちは茶道裏千家の福田宗良さんから、月に1回、お茶の立て方をはじめお辞儀や立ち方、座り方などの作法を学んでいて、卒園を前にしたこの時期にその集大成として保護者らに披露しました。
園児たちは作法に従いながら、保護者にお茶菓子を運んだ後、お手前を披露し、たてたばかりのお茶を振舞いました。
保護者らは園児たちの手つきや身のこなしに感心した様子で、子供たちの成長を喜びながら抹茶を味わっていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る