ニュース

県議会で松坂秀樹議員の辞職を許可
  • 2017-03-15(水) 14:53
広川町内の温泉施設で、無断でハイブリッドカーに充電したとして窃盗未遂の疑いで書類送検された共産党県議団の松坂英樹議員の辞職が今日、県議会で許可されました。
今日、再開された県議会の本会議では今月8日付で提出されていた松坂議員の辞職願について採決が行われ、全会一致で議員辞職が許可されました。また、松坂議員の辞職に伴い、空席となった常任委員会の建設委員会の副委員長に改新クラブの片桐章浩議員が選任されたほか、建設委員会と松坂議員が所属していた特別委員会の定数を欠員1のままとしました。
このほか、議会運営員会の定数も13から12に変更されました。議会運営委員会は3人以上が所属する会派から委員が出席できますが、松坂議員の辞職で所属議員が2人となった共産党県議団は、今後、オブザーバーとしての参加となり、議会運営委員会での採決には加わることができなくなりました。また、松坂議員の辞職に伴う有田郡選挙区の補欠選挙は行われません。
今日の本会議では、このほか、今月31日に任期満了となる下宏副知事を引き続き副知事に選任することに議会の同意を求める人事案件が追加提案され、明日の2月定例議会最終日に採決が行われることになりました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る