ニュース

新宮市で川舟下り始まる
  • 2017-03-15(水) 14:45
新宮市の熊野川の川舟下りの運航が今年も3月1日から再開されました。
新宮市熊野川町の道の駅「瀞峡街道熊野川」に隣接する川原では運航開始の式典が行われ、熊野川ふれあい公社の伊藤順司代表理事や新宮市の田岡実千年市長が運航の再開を祝いました。続いて行われた、出船の儀式では舟を御神酒と塩で清め運航期間中の安全を祈願しました。この後、語り部で修験者の富岡秀清さんの法螺貝による合図で今シーズン最初となる平安衣裳の女性たちを乗せた舟が出航しました。
熊野川の川舟下りは、道の駅「瀞峡街道熊野川」から新宮市の熊野速玉大社付近の川原までの「川の参詣道」として世界遺産にも登録されているおよそ16キロメートルの熊野川を語り部の話と景色を堪能しながらおよそ90分かけて下るものです。今年も3月から11月末まで運航されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る