アナウンサーブログ

佐藤瑞穂

2017.10.10(火) 15:38

廃村に里帰り 年に一度の秋祭り

sato1710.jpg

先日、田辺市中辺路町兵生にある春日神社の秋祭りを取材しました。

以前、このブログでも触れましたが、

偉人、南方熊楠が粘菌の採集する為に訪れた地です。

 

昭和49年の集団移住により、廃村となって以来、

元住民やその子孫が年に一度故郷に戻って秋祭りを行っています。

 

笛や太鼓に獅子舞の奉納。

最後の餅投げも、久しぶりに顔を合わせる皆の喜びや楽しさがあふれているように思えました。

よそ者ではありますが、今後の祭りの存続が心配です。

 

 

さて、余談ですが...

 

神社の下には川へと続く急な階段がありました。

氏子総代さんが「1カ月に1個ずつ。閏年は13個の小石をこの川原で拾って、お社の中に置くという慣わしがあるんや」と教えてくださったので、私も川原に下りて12個の小石を拾いました。

 

まず川の水を口に含んだ総代さんを見てはっとする私...

信心深い総代さんを見て恥ずかしくなり、

「みそぎですか?」と言うなり、自分も口をすすいだのですが...

 

すすぎ終わってから、自分が総代さんの川上にいることに気付き、

もっと恥ずかしくなりました。  あ-

 

以前、取材した兵生を再び訪れ、お世話になった地元の方々に会うことができた嬉しい1日でした。

放送は明日です。

write:

2017.10.04(水) 11:23

高野山の観月会告知 ~昭和女子と平成女子と昭和男子~

sato1709.jpg

こんにちは。

昨日は、高野山の金剛峯寺での中継でした。

 

普段は非公開の奥殿で今週末(6・7・8日)、観月会が開催されるということで、特別に中に入れていただきました。

 

まずは事務所から、担当の方に案内され、機材を持ってにょろにょろと寺の中を進んでいくのですが、たびたび取材に来ているわけでもないので、今歩いているところがどこなのかもわかりません...

 

すれ違ったツアー客が、どなたかがお粥を召し上がった部屋がここだと案内されているのを聞いて、広いその場所が私の中で急に息づき始め、置かれている箪笥のちょっとゆがんだ抽斗や足元の古い床板が懐かしいものに思えてきました。

 

さて、日本最大級の石庭、蟠龍庭や窓を開け放した奥殿などはすばらしく、観月会への参加をおススメしようとブログに書いているわけですが、高野山はもう寒くなっています!

朝晩は既にストーブを使用しているとのことですので、上着を持っていってくださいね。

 

最後に、お坊様との雑談で驚いた話を1つ。

「最近の子どもは油揚げが何でできているかを知らないんですよ...平成の子はね...」

高野山と言えば、思い浮かぶのは精進料理。肉などはもってのほかというイメージがありますが、平成の子って、まさか大人も??

お坊様の言葉の端からそんな匂いが感じ取れたので、

帰社後、平成女子社員に尋ねてみると...

「え~っ!油揚げですか~?あぶら??」という答えが返ってきました。

 

複数の昭和女子がこう言いました。

「スーパーの売り場でも豆腐と同じところにあるじゃな~い!」

そして、私よりもベテランの昭和男子はこう言いました。

「今はもう豆腐屋から買わなくなったからな~」

皆さんはいかに?

write:

2017.09.06(水) 15:26

鼻の下がハゲないなんて!(びん附け油)

sato1708.jpgこんにちは。

このところ、暑さも和らぎ、過ごしやすくなりましたね。

暑い日には、鼻の下に汗をかき、そこだけヒゲのように化粧が剥げて困っていた私...。

 

そんな時、ナレーションを担当した台本に目が釘付け!

「顔に汗が出ず、化粧もくずれない...」

もちろん、個人差はあるかと思いますが、担当のOディレクター(写真)に取材内容を聞きました。

 

和歌山市で化粧品の製造、販売を行っている株式会社シマムラのびん附け油。

175年も前から作り続けられているという、このびん附け油を

厚生労働省の「現代の名工」に選ばれた職人が手作業で作っている様子を取材したというのです。

 

びん附け油は、溶かした木蝋と植物油を練り固めたもので、

力士の髪を結う時や歌舞伎役者の化粧下地に使用するものとして知られていますが、

製造には、温度や配合など、職人の勘や経験が必要です。

(何しろ、部屋の冷房をつけただけで、作業スピードを変えないといけないのです)

 

また、硬さによって整髪用と化粧下地用とに分かれていて、私は

10段階ほどある中から、2番目に軟らかい物を使用させてもらいました。

 

とりあえず、鼻の下と頬の毛穴の部分に塗ってみたのですが、

これが半日たっても化粧が溶けないままで、大満足!

オリーブオイルを使ったシマムラさんのハンドクリームも試してみました。

 

デスクの上に並べたハンドクリームの数に仰天された方も多いかと思いますが...

(雑多な紙類は後ろでタイムチェックをしている中村アナの机上のものです!)

 

スタジオでは、指サックは付けられません...

香水をつけている日は無臭のものを、カメラに向かって見せる物がある日は手がきれいに見えるものを、気分転換によい香りのものを、などと使い分けています。

 

シマムラさんのクリームは全くべたつかず、塗った後も手を撫でていたい気分になりました。

和歌山にはこんな企業があったのかと、何だか嬉しくなってしまいました。

これからも長く作り続けていったほしいものです。

 

シマムラさんのびん附け油は、9月17日(日)午前8時30分から「わかやまビズサーチ」で放送します。

write:

2017.07.19(水) 17:13

ジャージで何してんの?

sato1707.jpg

着古したジャージにバスタオル・・・



梅雨も明け、セミの声もボリュームが増す中、どう考えても社会人としてNGな姿で何をしているのかというと・・・




放送用の機械が多く設置されたマスターと呼ばれる部屋で、夏の高校野球和歌山大会の得点出しの手伝いをしています。

機械管理の為に低温となっている部屋で早朝の試合開始前から夕方の終了後までを過ごすと、寒くて体が冷え切ってしまうので、この格好に落ち着きました。




ひざ掛け代わりのバスタオルを思いつくまでは、通勤時にサブバッグとして使っている布製のバッグで温まるというあり得ない状況・・・

(だいたい、バッグの幅から体がはみ出てる)

でも、上着を替えただけで早変わり!




私のちょっとした楽しみは・・・

マスターの部屋の少し重い引き戸を開けると朝日が差し込み、

それが旅先の宿で迎える朝に似ていて、私をほっこりとした気分にさせてくれます。

またモニターに映る球児達の表情を見ていると、何だか嬉しくなります。

皆さん、最後まで頑張ってください。




さてさて・・・この仕事のない日は、ニュースをはじめ、レギュラー番組の取材や収録などをこなしています。


以前、このブログにアップした紀南での取材のVTRは、南方熊楠生誕150周年の特集として、

8月8日(火)と15日(火)の2回に分けて「5チャンDO!」での放送が決まりました。

来週は、もう一度、田辺市での取材に行ってきます。


ぜひ、ご覧ください!!

write:

2017.05.17(水) 13:38

紀南の山中で取材!

バキッ ゴトッ ガタン

舗装されていない林道を車で揺られながら着いた先は

今から40年以上前の集団移住により、人が住まなくなった地・・・

 

かつての住人である地元の方々の案内で、神社や学校跡などを見ることができました。

メイン取材は、今年生誕150年を迎えたあの偉人が宿泊した場所。

 

放送日は未定ですが、放送で取り上げない部分をアップしたいと思います。

 

崩れかけた家が多い中、苔むした階段の上に、立派に姿を保った家がありました。大正時代に建てられたもので、屋根の下には火災よけのまじないを意味する「水」という文字がありました。壁際に積まれた薪が主を待っているかのようです。かつての住人は、今は90代後半のきれいなおばちゃんでした。

 

廃校となった学校は、集落の中で唯一渡れるつり橋の向こうにありました。

壁がなくなり、窓ガラスも割れていた為、中の様子を伺うことができましたが、何もなく、運動場の端に埋まっているタイヤ跳び用(?)のタイヤのみが、かつてここが学校だったということを教えてくれたような気がしました。

 

帰社後、カメラマンが撮影した映像をわくわくしながらチェックすると、地面に掘られた四角い大きな穴のアップから、徐々に私たちに寄っていくシーンが撮影されていました。

 

「あっ!これは・・・」

 

それは、かの偉人が宿泊した屋敷跡にあった厠(かわや)、便所の名残でした。

当時、肥溜めとして大きな穴が掘られていたのですが、そうとは知らないカメラマンが一生懸命に撮影してくれたのです。偉人もこれを使用したのでしょう。

中は埋まっているように見えましたが、落ちなくてよかったと、思わず胸を撫で下ろす私でした。

 

なかなか行けない所への貴重な取材が終わりました。

お世話になった方々の為にも、頑張って編集します。

sato1706.jpg

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る