アナウンサーブログ

佐藤瑞穂

2017.05.17(水) 13:38

紀南の山中で取材!

バキッ ゴトッ ガタン

舗装されていない林道を車で揺られながら着いた先は

今から40年以上前の集団移住により、人が住まなくなった地・・・

 

かつての住人である地元の方々の案内で、神社や学校跡などを見ることができました。

メイン取材は、今年生誕150年を迎えたあの偉人が宿泊した場所。

 

放送日は未定ですが、放送で取り上げない部分をアップしたいと思います。

 

崩れかけた家が多い中、苔むした階段の上に、立派に姿を保った家がありました。大正時代に建てられたもので、屋根の下には火災よけのまじないを意味する「水」という文字がありました。壁際に積まれた薪が主を待っているかのようです。かつての住人は、今は90代後半のきれいなおばちゃんでした。

 

廃校となった学校は、集落の中で唯一渡れるつり橋の向こうにありました。

壁がなくなり、窓ガラスも割れていた為、中の様子を伺うことができましたが、何もなく、運動場の端に埋まっているタイヤ跳び用(?)のタイヤのみが、かつてここが学校だったということを教えてくれたような気がしました。

 

帰社後、カメラマンが撮影した映像をわくわくしながらチェックすると、地面に掘られた四角い大きな穴のアップから、徐々に私たちに寄っていくシーンが撮影されていました。

 

「あっ!これは・・・」

 

それは、かの偉人が宿泊した屋敷跡にあった厠(かわや)、便所の名残でした。

当時、肥溜めとして大きな穴が掘られていたのですが、そうとは知らないカメラマンが一生懸命に撮影してくれたのです。偉人もこれを使用したのでしょう。

中は埋まっているように見えましたが、落ちなくてよかったと、思わず胸を撫で下ろす私でした。

 

なかなか行けない所への貴重な取材が終わりました。

お世話になった方々の為にも、頑張って編集します。

sato1706.jpg

write:

2017.04.27(木) 12:43

わかやま医療ナビの取材から

6月の誕生石、真珠。

貝の体内で生成される宝石というのは有名な話だ。

 

そして、6月の医療ナビのテーマは尿路結石症。

人間の体内で生成され、激痛の末に生み出される石の話もまたよく知られている。

まだ見ぬ尿路結石は宝石のように美しく輝いているのだろうか...

 

「先生、結石のサンプルを見せていただいてもよろしいでしょうか?」

「どうぞ、これです」

「・・・・・・」

 

その結石は宝石のようではないけれど、きれいだった。

でも、サンゴ状をした形は持ち主の辛さを物語っていた・・・

 

6月の『わかやま医療ナビ』では、尿路結石症について、メタボリックシンドロームとの関係や予防法などについてお伝えします。

6月4日(日)午後6時15分からです。

 

その前に... 5月のナビは『突然死』について、

5月7日(日)午後6時15分放送です。

 

生まれて初めて解剖室に入りました。

そこでは、人の尊厳を守る為の死因究明が行われています。

『特に小さなお子さんは一刻も早く親御さんの元に返してあげたい』

ご遺族の気持ちに寄り添い、夜中でも究明作業を続ける先生の心が伝わればと思います。

 

突然死はどんな状況の下で起こることが多いのでしょうか?

県内での孤独死はどんな地域で多いのでしょうか?

ぜひ、番組をご覧いただけたらと思います。



ちなみに、サンプルは写真のチョーカーよりも大きいサイズでした。

これを砕く治療などもあるそうですが、どうぞ健康管理を怠らないように願います。

後ろのNアナは訳もわからず写り込んでいます。すみません。

 sato1705.jpg

write:

2017.03.21(火) 15:07

南方熊楠記念館に行ってきました

sato1704.jpg

先週の話になりますが、白浜町の南方熊楠記念館新館オープンの報道機関などを対象とした内覧会に行ってきました。許可を得たので、写真をアップします。

 

記念館には、熊楠の遺品や粘菌など約800点が常設展示されていますが、まず、ロビーに入ってすぐに目を引くのは「ランタン」と呼ばれる大きなオブジェ(写真右下)です。

 

よく見ると、もしゃもしゃとしたテープ状のものが編み込まれるか結ばれるかしていて、神社の木の枝に結ばれたおみくじのようにも思えるのですが、これは、幼少期の熊楠が『和漢三才図会』という江戸時代の百科事典を書き写した文字を印刷しているという凝ったものになっています。

 

私のお目当ては、写真にはありませんが、「オコゼの標本」でした。

残念ながら、解説がなく、いつのものなのかもわかりませんでしたが、私には、明治時代、熊楠が山の神に願掛けし、願いが叶ったお礼として購入した「オコゼ」に思えて仕方がありません。もし、そうだとしたら、奉納されずに標本になってしまったのか、あるいは複数を購入したのかのどちらかとなりますが...

 

今年は、熊楠に関する取材を頑張ろうと思っています。

屋上からの景色もすばらしいので、興味をお持ちの方はぜひ、お出かけください!

write:

2017.03.09(木) 14:54

わかやま医療ナビ ~茶色の小瓶~

sato1703.jpg

毎月1回放送している「わかやま医療ナビ」。 

月替わりで和歌山県立医大の先生方にご出演いただき、病気や最新の治療法、また医療体制などについて紹介しています。


先日は、薬剤部の業務について取材させていただきました。 

初めて入った調剤室には細かく薬が仕分けられた棚が並んでいて、その量にびっくりしました。聞けば、千数百もの種類があり、名前を見ればすぐにそれがどんな薬なのかがわかるとのこと...

 

認知症や手先が思うように動かない方の為に、一度に飲む薬を一袋にまとめる機械もありました。

 

製剤室では、薬を製剤した後、封印するところも見ました。

私の頭の中では、コルクのようなもので蓋をするといったイメージ、あるいは、手紙を蠟で封印するといったイメージがありましたが、薬が入っている茶色のガラス瓶の口を熱で溶かして封じ込めるのです。 

でも、でも、でも...

「じゃあ、使うときはどうするの?」

 

私の妄想は続きます。

映画やドラマの中で、ならず者(?)がビール瓶を振り回して割るシーンが...

もちろん、医療現場ではそんなことをするわけがなく...

 

封をしたガラス瓶の口は長い首の先にあり、首の先には切れ目が入っていて、手でポキッと折れるようになっているのです。

業界の方にとっては当たり前のことが私には珍しく、オレンジ色に染まり、引っ張ると飴のように溶けて延びる瓶の先に見入ってしまいました。

   

放送は4月2日(日)18時15分~、再放送は4月9日(日)18時15分~です。

よろしければ、ご覧ください。真面目な番組です。

ちなみに写真は番宣スーパーを印刷したものです。

write:

2017.01.11(水) 19:12

和歌山発 ニホンオオカミを追いかけて

sato1701.jpgsato1702.jpg

皆様、お久しぶりです。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

先日、新年初の5チャンDoで、少しずつ取材を進めてきたニホンオオカミについて放送させていただきました。 

                                        

ニホンオオカミが最後に確認された奈良県の東吉野村でオオカミの像を撮影したのに始まり、田辺市大塔地区の歴史民俗資料館にある顎骨の撮影。オオカミ信仰の代表的な存在である埼玉県秩父市の三峯神社、剥製を保管している県立自然博物館での取材など、楽しみながら仕事をさせていただきました。

 

大塔歴史民俗資料館では、オオカミの他にもいろいろな物があり、貴人の棺桶を運んだ輿が気になって仕方がありませんでした。この輿に乗ったのは誰?でも、その人は自分が乗ったのを知らないんですよね...

 

三峯神社へは、朝、車で出発して夜に着くという長い道のりでしたが、到着すると、まず、きれいな空気に癒されました。

 

神社の江戸時代の日記を撮影させてもらい、江戸詰めの紀州藩士が藩主の命で火事・盗難除けの御札を受ける為に登山したという文章を読む(見る)と、遠い外国の片隅で和歌山の人に出会ったような気持ちになりました。同じ日本国内なんですが...

 

奈良も遠かったです。京奈和道ができて途中まではすぐだったのですが、そこを外れてからが長かったです...

東吉野村はオオカミが捕獲された土地だけあって、自然が豊かな所でした。

 

どこへ行っても、親切に取材の対応をしていただけたことに感謝しているとともに、今年も楽しみながら取材をしたいと思っています。

 

ニホンオオカミの剥製は国内に3体のみの貴重なものですが、県立自然博物館で1月31日(火)まで展示されていますので、

ぜひ、皆さんも足をお運びください。

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る